心理学で見る占い | 無料姓名判断で手軽に自分の運勢を占おう!

無料姓名判断で手軽に自分の運勢を占おう!

おみくじ箱の画像

心理学で見る占い

占いの中には姓名判断のように特定のデータを元に占いを行う物も有れば、まるで透視や予言をしているような占いまで存在しています。
透視や予言を行っているような占いを受けると、この人は自分のことを何でも知っている、この人は自分しか知らないことを知っている……というような気分になってしまい、まるで超能力者と呼ばれるような人と話をしているような気分になります。
ですが、そのような気分になってしまうのは気のせいです。
実は占い師が行う透視や予言のような物というのは、心理学のテクニックを上手く活用して行っているのです。

テクニックには様々な物が存在していますが、最もよく行われる方法として、誰もが当てはまる情報を相手に伝えるという方法、そして人間はYesとNoの間に多数の選択肢を用意されると明確な答えを出しづらいという特徴を利用した方法です。
誰にでも当てはまる情報というのはどのような物かというと、人間というのは誰もが人に嫌われるのを嫌がる……というような、極々当たり前の情報をまるで特別なことであるかのように伝える、という方法です。
誰にでも当てはまる情報なので、誰に言ってもその通り、と答える答えですが、上手く話を誘導しながらこのような事を伝えると、まるで自分の心の中を見透かされているような気分になるのです。

そして、YesとNoの間に多数の選択肢を……というものですが、これはアンケートなどでYesとNoの間にどちらかと言えばYesもしくはNo、そしてどちらとも言えない……という選択肢を用意すると、YesとNoを選ぶよりも、その中間のどちらかと言えばYesもしくはNo、もしくはどちらとも言えない……という答えを選びやすいという特徴を利用したもので、相手に対して非常に抽象的な予言じみた情報を伝える事によって、まるで相手に予言をしているような印象を与えることがでk理宇のです。